【雑談】日本酒の種類

entryimages_02

日本酒は種類がたくさんあり、とても曖昧です。

まずは日本酒の基本を押さえてみましょう!

     
純米酒
米・米麹・水だけで造られた酒
純米大吟醸酒 精米歩合50%以下のお酒。芯の部分を残して50%以上削ったお米で造る、時間とお金がかかる贅沢なお酒
純米吟醸酒 精米歩合60%以下のお酒です。
特別純米酒 精米歩合60%以下で特別な製造方法、または特別な米、米麹、水を原料として造った日本酒です。
本醸造酒
純米酒に一定量の醸造アルコール

(エチルアルコール)を加えて造った酒
大吟醸酒 精米歩合50%以下の純米酒に醸造アルコールを少量加えたお酒。一般的にフルーティな香りがするとされています。
吟醸酒 精米歩合60%以下の純米酒に醸造アルコールを少量加えたお酒です。
特別本醸造酒 精米歩合60%以下で特別な製造方法、または特別な米、米麹、水を原料として造った純米酒に少量の醸造アルコールを加えたお酒です。
普通酒 精米歩合70%以上で上記に書いた以外の日本酒の事を言います。国内に流通しているほとんどの日本酒は「普通酒」です。醸造アルコールや調味料、糖類などの成分がてんこ盛りです。

醸造アルコールとは?

食用のアルコールで、でんぷんを含む(イモ・サトウキビ等)物質から醸造されるものです。
「純米酒」を作るときに、使用する白米の重量の10%以下の醸造アルコールを加えると「醸造酒」になります。
普通酒や糖類添加普通酒では量を増やすために入れらる事もありますが、決して悪いモノではなく、「日本酒に旨みや香りを与える」「劣化を防ぐ」「さわやかな味にする」など、基本的には良い効果をもたらします。

糖類添加普通酒とは、普通酒よりさらに色々なモノを加えたお酒です。醸造アルコールはもちろん、酸味料、調味料、糖類、混合アルコール調味料などが入っており、水増しされています(--;
他にも生酒・原酒などがありますが、それはまた次の機会ということで。それでは!