脳梗塞を予防?日本酒は健康にも良い!

entryimages_25

「日本酒は悪酔いする」「二日酔いする」というイメージが多いですよね。実際私も、日本酒を好きになる前はそう思っていたし、二日酔いも良くありました。確かに、一昔前、品質の悪い日本酒の中には、明らかに体に悪い成分を含むものもありました。

しかし、今、日本酒の質は向上しました。

極端に安いものは要注意ですが、ある程度以上の品質の日本酒なら、上手に飲むことで、悪酔いや二日酔いを減らしたり、なくしたりすることができます。

 上手な日本酒の飲み方

まず、ちびちび、ゆっくりと飲むこと。一気に飲むのはいうまでもなく体に悪いですが、焦って飲むのもあまりよくありません。出来るだけゆっくり飲むことで飲み過ぎを防ぐことができます。また、こまめにお水を飲みながらお酒を飲むと、内蔵に対する負担が薄まります。この、酒を飲みながら飲む水は「和らぎ水」と呼ばれ、昔からお酒に水が良いことが知られていたことが分かります。

おつまみをとるのも大事です。空腹にお酒だけでは酔いが回りすぎたり、胃が荒れてしまいますので、食べ物をつまみましょう。野菜やタンパク質が特に良いとされ、脂っこい揚げ物などは避けたほうがいいです。

日本酒には、健康にいい面もあります。例えば、血行が良くなって、脳梗塞を予防するという研究結果があります。日本酒を適量、これは体質や体重にもよりますが、日本酒ならだいたい1合(180ml)くらい飲むのは、心と体を癒してくれるようです。

しかし、これはあくまで適量の場合。何といっても一番大事なのは、飲み過ぎないことです。お酒は飲んでも飲まれるな、です。