「第三のビール」は邪道? ノンアルコールビールを全力で楽しむポイント2つ

entryimages_24

近年よく見かけるようになったノンアルコールビール。生粋のビール好きからしてみたら、「酔っぱらえないビールなんて邪道だ!」と叫びたくなってしまうのではないでしょうか(笑)

けれど、ちょっと待って!飲まずに邪険にしてしまうほど、ノンアルコールビールも悪くありません。ノンアルコールビールにはノンアルコールビールなりの楽しみ方があるのです。

そろそろお酒をストップしなきゃな。けれどもっと飲んでいたい!という時に

ノンアルコールビールの原材料は、ビールと同じホップ麦芽。発売当初は「ただ苦いジュースを飲んでいる」感が否めませんでしたが、最近では改良が進みずいぶん飲みやすくなりました。アルコールこそ入ってはいないけれど、香りも味も限りなくビールに近づいている断言していいでしょう。

とは言っても、正直なところ「ビールの代用品」として飲むにはちょっと物足りないのも事実。実際に、ビールよりも発泡酒や第3のビールのような味の薄さは否めません。

1杯めの乾杯からノンアルコールを飲んでしまうより、ほどよくお酒がまわってきた時に飲むのがいいです。

また、妊娠中の女性やドライバーなど、状況的にビールを飲めない人にはもってこいの飲み物でしょう。

ノンアルコールビールのオシャレな楽しみ方

例えば天気のいい休日のブランチなどで、「ビールを飲みたいなぁ!」と思うことはありませんか?でも、昼間からお酒をぐびぐび飲むのはなんだか気が引けるし、そこで酔っ払ってしまうと1日を無駄に過ごしてしまうことにもなりますよね。

そんなときは、ノンアルコールビールの出番です!!

酔っ払うことなくお酒を飲んでいる気分を味わえるので、ブランチの後に出かけることもできますし、家事などのお仕事だって頑張れちゃう!ビール好きさんにとって、ノンアルコールビールは邪道に思えるかもしれません。けれど、ビールが好きだからこそ「飲みたくても飲めない」とき、役に立つ飲み物なんです。