よくわかるラガービールとエールビールの違い

 entryimages_21

ラガービールエールビール。聞き慣れない言葉ですね。ラガービールという言葉は、キリンビールの商品名にもありますので、聞いたことがあるかもしれませんが、エールビールという言葉を初めて聞く方もいるのではないでしょうか?

ビールというのは、製法の違いにより大きく2つに分けられます。それが、ラガービールとエールビール。ちなみに、日本で、スーパーやコンビニに並んでいるビールの9割はラガービールです。

では、その違いはなんなのでしょうか?

まずは、それぞれのビールの生い立ちから説明します。

ラガービール

水の設備などがまだ普及していない時代、水の変わりに飲める”安心”な飲み物として広まったのがラガービール。比較的、近代的な作り方です。

ラガービール酵母を使用し、低温(10℃前後)で1週間程かけてゆっくり発酵。ラガービール酵母は、発酵すると下に沈む性質があるので、下面発酵と呼ばれる。ビール酵母は高温で発酵するほど、果実のような香り豊かな「エステル」という成分が作られます。

ラガービールは低温で発酵するため、「エステル」の成分が少なく、“スッキリとシンプルな味わい”のビールができます

エールビール

寒さのため、ぶどうの栽培ができない地域で、ワインの代わりに広まったのがエールビール。古くから伝わる伝統的な作り方です。

エールビール酵母を使用し、高温(20℃前後)で4日程で一気に発酵。

エールビール酵母は、発行すると上に浮く性質があるので、上面発酵と呼ばれる。ビール酵母は高温で発酵するほど、果実のような香り豊かな「エステル」という成分が作られるので、エールビールは“フルーティーで香り豊か、コクの強い”ビールができます。

二つのビールの大きく違うのは、醸造方法です。酵母の違いにより、醸造タンク内で発酵するときに、タンクの上面で発酵するか、下面で発酵するかということになります。

ちなみに、各地域での地ビールには、エールビールを作っているところが多いのです。最近では、スーパーやコンビニ、酒屋さんではこのようなエールビールを販売しているところも増えてきています。

ぜひ、探して飲み比べてみてください!