ミード酒の美味しい飲み方と新しい飲み方を探す楽しみ

entryimages02_04

ミード酒って知ってる?はちみつとお酒の物語はちみつから作った「ミード酒」を飲んでみたでご紹介した筆者が全力オススメするミード酒ですが、ミードの味はどんなものか?というのを飲んだことのない方に言葉で説明するのはとても難しいです。

強いて言えば、白ワインに一番似ていると言えますが、ワインはぶどうから出来ているのに対し、ミードは、はちみつから出来たお酒なので、基本的にはミードの方が甘口のお酒です。
甘さを抑えたミードもありますが、そういったミードでもほのかなはちみつの甘さを楽しめます。また、はちみつの栄養はそのまま残っているので、健康酒としても良いとされています。

ミードは食前・食後だけではなく、食事にあわせることもできるお酒。

どちらかというと、味が濃い料理に合うようです!
ですが、古典的な方法で造られた、濃厚な甘口のミードなどは、食後のデザートのように、ちびちびと飲むのがもっとも味わいを引き出すように思います。おつまみには、チーズやフルーツなどがよく合います。

また、ミードは飲むとすぐ酔いがまわりますが、醒めるのも早いので、悪酔いもしにくいです。とはいえ、口当たりが良いですが、アルコール度が16%を超す高いものもありますので、飲みすぎにはくれぐれもご注意ください。そのためにも少しづつ飲むのがいいでしょう。

entryimages_middle02_06

夏場は冷やして飲むとおいしいですが、特に取り上げたい飲み方は、凍らせて飲むというものです

ミードは均等に凍るので、味が偏ることなく、シャリシャリした食感の冷たいミードを楽しめます!!

半分溶けかかったところが、またミード酒の良さを引き出しておいしいのです。

特に濃厚で甘いミード酒は、アイスクリームにかけて飲むのもおいしいです。

冬にはホットワインのように、温めて飲むのも良いです。ホットミードは、全身が温まるような感じがします。その他にも色々な変わった飲み方があります。ミード酒をウィスキーで割ったり、インドの苦目のビールで割って飲んでも美味しい!というお話も聞きました。

このようにミード酒には様々な飲み方がありますが、自分好みの飲み方を見つけていくのも楽しみの1つであるように思える素敵なお酒です。

関連記事:

色んな国のミード酒