日本酒度の意味とは

entryimages_19_19

日本酒を買う時や、お店で飲むときに書かれている「日本酒度」という言葉。甘口、辛口などを選ぶ基準とし、日本酒度については知らないという人も多いことかと思います。

簡単に説明すると“日本酒の甘口や辛口を判断する目安”です。

日本酒度計という、専用の計測器を温度15℃の日本酒に浮かべ計測します。温度4℃の純粋な水の比重を元に、その日本酒の比重が軽いか重いかで(+)(-)の結果となります。

一般的に甘口酒は糖分などの含糖量が多いため比重が大きく、逆に辛口酒は軽いのです。この計測器では、比重が重ければ(-)側に傾き、軽ければ(+)側に傾きます。

つまり、日本酒度が(-)であればあるほど甘く、(+)であればあるほど辛いのです。おおよその目安としては、

+6.0以上    大辛口
+3.5~+5.9  辛口
+1.5~+3.4  やや辛口
-1.4~+1.4  中口
-1.5~-3.4  やや甘口
-3.5~-5.9  甘口
-6.0以上    大甘口

となります。

そして、「日本酒度」とともに重要なのが「酸度」。日本酒の製造過程で酵母や麹、米から発生した酸の量を表したもので、味のキレやコクなどにも関わってくる重要な値。

例えば、日本酒度が+2で説明すると、日本酒度だけだとやや甘口。しかし、酸度が1.2だと”淡麗で甘口”、酸度が2.2だと”濃厚で辛口”となるのです。日本酒の辛口、甘口を判断するには日本酒度だけでは判断するのが難しいものもあり、酸度を一緒に確認するとよいでしょう。

ただ、酸度がラベルに書かれていないものもありますので、その際は日本酒度を参考にして選んでみてよいでしょう。

ちなみに細かく書かれているものは、下の写真のように表ラベルや裏ラベルに精米歩合や、酸度、日本酒度などが書かれています。

entryimages_middle02_03

写真右やや色飛んでますが、ご容赦下さい。

ちなみに、日本で一番日本酒度が高いものは+66があるそうです。どんな味なのかとても気になりますね!

日本酒度の違い、酸度の違いで飲み比べというのも面白そうですね。