お酒の嗜み~チェイサーについて~

entryimages_17

ショットグラスでテキーラをグイッと飲み干し、水で口をサッパリとさせる、という光景は誰にでも想像がつくものと思いますが、この水をチェイサーと呼びます。チェイサーを和訳すると「追いかけるもの、追跡者」という意味であり、強い酒を追っかけるように水や炭酸水を飲むことからこの名前がつきました。

チェイサー=水と思っている人がいるかもしれませんが、実際にはチェイサーは水とは限りません。

チェイサーの定義は「メインとして飲んでいるお酒よりもアルコール度数の低い飲み物」と決められています。海外ではビールをチェイサーとして用いることが一般的ですが、日本では日本人があまりお酒に強くないこともあって、水か炭酸水が一般的となっています。

お酒の種類ごとに合うチェイサーがあります。ウイスキーにはミネラルウォーター、バーボンには炭酸水、ブランデーにはジンジャーエール、焼酎には水かお茶という風にです。ワインのチェイサーにはコンソメスープが合うともいいます。

組み合わせによっては、より一層おいしく感じられることもありますので、チェイサーにこだわることもお酒の嗜みです。チェイサーは、アルコールの強いお酒や味の濃いお酒で感覚が鈍くなった舌をリフレッシュさせ、次に飲むお酒の味を新鮮なものとしてくれます。また、悪酔いをしないためにもチェイサーを飲むことは有効です。

entryimages_middle02_02

ここでうんちくを一つ。

テキーラを飲んだ後にレモンをかじるというのがテキーラの飲み方としてありますが、これは単にテキーラとレモンが合うからというだけの理由ではありません。

メキシコは水が悪くチェイサーに水を用意することが難しかったため、チェイサー代わりにレモンをかじっていたらしいです。